レザージャケットの簡単な汚れの落とし方についてご紹介しています

レザージャケットの簡単な汚れの落とし方!

泥汚れや油性汚れの対処法

雨の日にレザージャケットを着ないよう注意していても、雨が上がった直後や翌日に出かけて泥がかかってしまった!なんてこともあります。万が一レザージャケットに泥が跳ねてしまった場合は、できるだけ早く泥を拭き取りましょう。しっかりと絞った濡れタオルでやさしく拭きます。泥汚れが落ちたことが確認できたら、今度は乾いたタオルでしっかり水分を拭き取ってください。汚れがついてから時間が経てば経つほど、落とすのに時間がかかり、革に染みこませる水分量も多くなるので、汚れが落ちた後にしっかりと乾かすことが必要です。ある程度水分を拭き取った後には必ず陰干しをしましょう。

泥汚れのほかに多いのが食べこぼし、女性の場合は化粧品がついてしまうことも多いと思います。こうした油性汚れがついてしまった場合には専用のオイルを使いましょう。まず汚れがついてしまった部分を乾いたタオルで拭いてから、ミンクオイルなどの保革油を汚れた部分に馴染ませます。その後、乾いた布を使って表面に浮き出た油分を汚れと一緒に拭き取ります。

いずれの場合も、しっかり汚れを落とすこと以上に大切なのは、水分を革に残さないことです。せっかく気を使って汚れをこまめに落としていても、そのときに残った水分のせいでカビてしまっては元も子もありません。汚れを落とした後は、タオルでしっかり水分を拭き取って陰干しし、革に水分が残っていないかをよくチェックしましょう。

全体的に薄汚れてきたと感じたら

泥汚れや食べこぼしなど目立つ汚れはないけど、気がつけば全体的に薄汚れてきたな・・・と感じる場合に、大がかりな洗濯をせずに復活させることができるアイテムをいくつか紹介しましょう。

まずはレザーソープ。ムース状のものが出ていますので、これをピンポン玉くらいの大きさで布にとり、よく馴染ませてからレザージャケット全体を拭きます。レザーソープは色が淡いキャメルやベージュなどのレザーに使ってもシミになりにくく、革に栄養を与えてくれる効果もあるのでオススメです。

また、オフシーズンに保管する際にも使える保革油には、汚れを落として栄養を与えてくれる効果もあります。保革油として最も有名なのはミンクオイルですね。独特の香りがあって、レザー愛好家の中にはその香りを好んで使う方も多いようです。レザージャケットと同じ動物由来なので革への浸透力が高いのが特徴です。同じ用途でも植物由来のラナパーは浸透性が比較的低く、形や色を崩したくない場合にはこちらのほうが向いているかもしれません。そのほかにも、すばやく全体に塗布できるスプレータイプや、オイルよりもさらにのびがよく、防カビ性に優れたクリームタイプの保革油もあります。特にデリケートな革にはオイルよりもクリームがオススメです。

おすすめのレザージャケットブランドBEST3
総合評価第1位
ニチワレリューム ソフィア整体アカデミー

最高級ランクの革を一流の工場で加工し、平均市場価格の半額以下で提供。圧倒的な高品質をお手頃価格で。

総合評価第2位
皮の但馬屋 ウィルワン・アカデミー

長い歴史を持つ皮革の老舗。低価格の皮商品から高級ブランドの正規代理店も務めるなど幅広い品揃えが特徴。

総合評価第3位
レザーハウス YMCメディカルトレーナーズスクール

高品質のレザージャケットから、革鞄、革財布まで、使うほど味が出る豊富な革製品が千アイテム以上。

ページのトップへ