カビからレザージャケットを守る正しい保管方法についてご紹介しています

カビからレザージャケットを守れ!正しい保管方法

シーズン中のお手入れ

レザージャケットを手に入れたら、まずレザー専用の防水スプレーで保護することをオススメします。ジャケットだけでなくレザーシューズを履くときにも、おそらくみなさんはその日の天気予報を確認してから出かけることと思いますが、それでも突然の雨や食べこぼしなどでレザーに負担をかけてしまうこともあるでしょう。そういった万が一のための予防として防水スプレーは必須だと思います。

さらにレザージャケットをよく着るシーズン中は、柔らかい馬毛ブラシや布で週に一度ほどお手入れをするようにしましょう。乾いた布でレザーの表面をなでるように拭くことで、表面についた湿気を取ることはもちろん、革の油分が染み出て来て革の風合いや光沢が出て来ます。

革の天敵はカビです。湿気にはつねに注意しましょう。本革は人肌と同じようにデリケートな素材なので日頃のお手入れが重要です。その分、きちんとお手入れしていればレザーならではの味が出て、一生つき合っていくことができますよ。

オフシーズンのお手入れ

レザージャケットは何ヶ月も着用せずに保管しておくと油脂が不足して硬くなり、線維が弱くなって破れやすくなってしまいます。そのため、オフシーズンには革を油脂でしっかり保湿しておくことがポイントです。

レザーの油脂補給にオススメなのはミンクオイルです。ミンクオイルは油脂を与えて保湿効果をアップしてくれるだけでなく汚れを落とす働きもあるので、レザージャケットと合わせて1つ持っておくといいですね。ただし、革の種類によってはミンクオイルを使うと色落ちしてしまうものもありますので、ジャケット購入時にメーカーに問い合わせてみてください。

塗り方は、布の端切れを使って塗り込むか、あるいは直接手で塗ってもいいでしょう。のびがよいので、少しずつ取って薄く広範囲に塗っていきます。塗りすぎた箇所は白く固まってしまいますので、厚めに塗ってしまった場合には布で早めにふき取ってください。

正しい保管方法

オフシーズンに長期に渡って保管する場合は、まず汚れを落とし、保湿クリームをしっかり塗ってから、風通しの良い場所に保管します。保管する前にクリーニングに出した場合は、必ず戻って来たときにかけてあるビニールカバーを外して保管しましょう。

長時間直射日光や蛍光灯の光にあてることも色落ちの原因になります。ハンガーにかけた状態でタンスやクローゼットにしまっておき、ときどき陰干しすることをオススメします。

柔らかい革の素材を使っているジャケットは長期間ハンガーに掛けっぱなしにすると跡がついてしまうこともありますので、その場合はタオルを巻いたハンガーを使いましょう。また、型崩れを防ぐためにはきちんとサイズに合ったしっかりめのハンガーを選んで使用するようにしてください。レザージャケットは重量があるものが多いので、ワイヤーのハンガーに長期間かけておくとワイヤーが変形し、その結果ジャケットも型崩れしてしまう恐れがあります。

おすすめのレザージャケットブランドBEST3
総合評価第1位
ニチワレリューム ソフィア整体アカデミー

最高級ランクの革を一流の工場で加工し、平均市場価格の半額以下で提供。圧倒的な高品質をお手頃価格で。

総合評価第2位
皮の但馬屋 ウィルワン・アカデミー

長い歴史を持つ皮革の老舗。低価格の皮商品から高級ブランドの正規代理店も務めるなど幅広い品揃えが特徴。

総合評価第3位
レザーハウス YMCメディカルトレーナーズスクール

高品質のレザージャケットから、革鞄、革財布まで、使うほど味が出る豊富な革製品が千アイテム以上。

ページのトップへ