おすすめポイントやレザーの種類などをまとめました。

レザーの種類によってのおすすめポイントのまとめです!

ライダースジャケットの定番「カウスキン」

牛の革。歴史が古く流通量も多い、革の代表的存在です。丈夫で仕上がりも美しく、衣服・靴・バッグ・ベルト・家具など幅広く使われています。牛の月齢や性別によって呼ばれ方も異なりますが、生後3~6ヵ月の間に去勢され、生後2年以上の雄牛の革である「ステアハイド」が最も一般的。他に、生後6ヵ月までの仔牛の革はカーフ・生後6ヵ月~2年までの牛の革はキップ・生後2年以上で出産経験を持つ牝牛の革はカウハイド。最高級素材はカーフです。

摩擦に強いため特殊加工も可能な「ピッグスキン」

豚の革。カウスキンのほとんどが海外から輸入されていますが、ピッグスキンは飼育から製造まで日本国内で供給できる唯一の革素材です。日本製のピッグスキンは海外でも評価が高く、輸出も盛ん。薄くて軽く耐久性があり、特に通気性に優れているのが特徴で、衣服・靴・バッグ・小物のほか、靴の中敷きとしても使われます。

ピッグスキンの加工は大きく分けてピッグスエードとアメ豚の2つ。ピッグスエードは裏側を起毛させた革のことで、高級感ある見た目と心地よい手触りが魅力です。アメ豚はタンニンなめしによって美しいアメ色に仕上げた革のこと。光沢があり、高級品とされています。

きめが細かく型崩れしにくい「ホースハイド」

馬の革。全体的に薄く、しなやかなので衣服に重宝されているほか、靴・バッグ・小物に使用されます。カウスキンに比べると強度はやや落ちます。馬革の中でも特にコードバンという種類は「革の宝石」と呼ばれ、スペインやフランス産の大きな馬からわずかにしか採れない希少な革。空気も水も通さないほどの強靭な繊維で、光沢が非常に美しい高級素材です。

通気性がよくしなやかな「ディアスキン」

雌鹿の革。柔軟性があり、手触りがよく、耐水性に優れていることが特徴。湿気を吸収しやすく、かつ通気性も良いため日本の気候に最適の革素材と言われています。

衣類・手袋・小物などに活用されます。植物油でなめしたものは特に「セーム革」と呼ばれます。セーム革は水分を吸収しても硬くならず、水洗いしても元通りになるのでメガネ・楽器・貴金属・車の磨き布としても重宝されています。流通量も少なく、人と違うものを求める方におすすめです。

キメが荒いのに表面に艶がある「ゴートスキン」

山羊の革。表面に細かなシボがあり、独特な風合いが人気の革素材です。薄くて強度があり、サラリとした肌触りが特徴。型崩れしにくく、靴・ハンドバッグ・手袋・小物・衣服などに使われます。

ゴートスキンは大人の山羊革を指しますが、仔山羊の革はキッドスキンと呼ばれます。キッドスキンはゴートスキンよりもさらに薄くて軽く、生産量も限られているので高級素材とされています。

柔らかく着こなしやすい「ラムスキン」

生後1年以内の仔羊の革。毛穴が小さくてキメが細かく、しっとりとした滑らかな手触りが特徴。用途はジャケットやコートなどの衣服・手袋・財布のほか、クッションや高級ソファにも。一流ブランド・シャネルのレザーアイテムの素材として、もっとも多く使われるのもこのラムスキンです。ラムスキンは高級品ですが、特に生後6ヵ月以内の仔羊の革はベビーラムスキンと呼ばれ、超高級品として知られています。

おすすめのレザージャケットブランドBEST3
総合評価第1位
ニチワレリューム ソフィア整体アカデミー

最高級ランクの革を一流の工場で加工し、平均市場価格の半額以下で提供。圧倒的な高品質をお手頃価格で。

総合評価第2位
皮の但馬屋 ウィルワン・アカデミー

長い歴史を持つ皮革の老舗。低価格の皮商品から高級ブランドの正規代理店も務めるなど幅広い品揃えが特徴。

総合評価第3位
レザーハウス YMCメディカルトレーナーズスクール

高品質のレザージャケットから、革鞄、革財布まで、使うほど味が出る豊富な革製品が千アイテム以上。

ページのトップへ